日頃からの予防が大事

多い故障の原因

水回りの修理

家の中で日常的によく使う場所で壊れたら困るところといえばトイレです。トイレが故障して使えなくなると苦労するので、故障しないように注意して使用することが大切です。洋式トイレの故障でよくあるのがつまりです。洋式トイレのつまりの原因で一番多いのがトイレットペーパーの流しすぎです。トイレットペーパーは水に溶ける性質を持っていますが、一度に大量に水に流してしまうと溶けきれずに詰まってしまうことがあります。トイレのつまりを予防するために、トイレットペーパーの流しすぎには注意する必要があります。また、同じく水に溶けるトイレに流せるタイプのクリーナーシートも、一度に大量に流すと詰まってしまうことがあるので、少量ずつ流す工夫が必要です。

簡単に直すコツ

トイレットペーパーやクリーナーシートなど、水に溶けるタイプのものを大量に流して詰まってしまった場合、慌てずにそのままにしておくと自然に溶けて流れていくこともあります。それでもトイレのつまりが解消しない場合はトイレのすっぽんが役立ちます。すっぽんの丸いゴムの部分を便器の穴の部分にあて、吸引するように何度か押すと奥のほうでつまりの原因となっていたものが取れます。トイレのつまりはたいていすっぽんがあれば直るので、普段から用意しておくといざという時に助かります。また、賃貸マンションに住んでいてトイレが故障したら、個人的に修理会社を呼ぶよりもマンションの管理会社に連絡して直してもらったほうが安く済みます。トイレのつまりを解決することが出来る業者は全国各地にあるため、直ぐに利用する事が可能です。万が一の場合に備えて、連絡先を控えておくとよいでしょう。