原因で変わる

トイレがつまる原因とは

水道

トイレの排水管はS字に曲がっているため意外とつまりやすく、 トイレットペーパーを大量に流してしまったときや、ティッシュペーパーやおしりふきなど、 本来に流さないものを流してしまうと、簡単に詰まってしまいます。 その他、おもちゃや携帯電話などの固形物が排水管にひっかかったり、 吐しゃ物や大便でもつまることがあります。 さらに、節水のためにタンクにペットボトルなどを入れていたり、 大便を「小」のレバーで流すことも、つまりの原因となります。 その他に、トイレ自体が古くなり、尿石や汚れなどが排水管にこびりつき、 排水管自体が細くなっていることも原因として考えられます。 トイレつまりが起こると、焦って何回もレバーを引いてしまうことがありますが、 何が原因でつまっているかにより対処法が異なるため、まずは落ち着いて対応することが大切です。

つまりの原因による対処法

便やトイレットペーパーがつまったときは、ラバーカップ(スッポンとも言います)で吸引するか、 ラバーカップがない場合は、バケツなどにぬるま湯を入れ、排水口に向かって少しずつ流し込みます。 トイレットペーパーや便が溶ければ、そのまま流れていきます。 それでも流れない場合は、1時間程度そのまま置いておくと原因物が溶けやすくなり、 再度バケツなどでぬるま湯を流し込むと、つまりが解消することもあります。 おしりふきやおもちゃや携帯電話など水に溶けないものでつまったときには、 まずそれ以上奥につまらないように、止水栓や水道の元栓を閉めます。 次に、ラバーカップで吸引するか、ゴム手袋などで手が汚れないようにしたうえ、 排水口に手を入れて原因物を取り出します。 つまりが解消しても、すぐに水を流すと故障の原因になることがあるので、 バケツなどで水を流しいれ、スムーズに流れることを確認してからレバーで流しましょう。 それでもつまりが解消しない場合や固形物が取れない場合は、 便器を取り外す作業が必要となることがあるので、専門業者に依頼する方が安心です。